2016年04月28日

フキの煮物

このブログでも何度か書いていますが、うちにはフキが生えています。
これまで出てきたフキは大きい方のフキで、葉の高さは1mを超えるのですが、実は小さい(というか、普通の?)フキもあるのです。
大きいフキの方が早生で早く出てくるので、どうしてもそちらの方が話題に上りがちですが、味の方は小さいフキの方が良いのだとか。

というわけで、小さい方のフキを煮てみました。
IMG_2470.jpg

最近は板ずりせずにそのままゆでてから皮をむいていますが、特に問題は無いような?
今回は色や風味を最大限楽しむために冷蔵庫の奥に眠っていた白醤油を使いましたが、甘辛くあめ色に炊くのも良いですよね^_^

さて、味の方ですが、大きい方のフキもそれはそれで充分おいしいのですが、やはり小さいフキの方が香りが強く、味わいがあるような気がします。
皮をむくのは大変ですけどねー(^_^;

同じ野菜を複数品種作って食べ比べてみると、味の違いが判って楽しいですよね。
タグ:フキ
posted by airpotato at 14:19| Comment(0) | ごはん

2016年04月26日

タケノコとリンドウ

うちの敷地内には竹林もあるのですが、毎年タケノコが出て春の食卓を賑わせてくれます。
去年の春は雨が少なく、良いタケノコが採れなかったのですが、今年は雨もほどほどに降って暖かく、例年よりも早く太くておいしそうなタケノコが出ています(´¬`*)
IMG_2460.jpg

タケノコは地表から出るか出ないかくらいの時期に掘るのが良いのだ、という話もありますが、普通に顔を出したタケノコでも十分旨いのです。
子供の頃、土から見えるか見えないかくらいの小さなタケノコを掘ってきて生でかじってみたところ、あまりのエグ味に気持ち悪くなった記憶があります。
むしろ、多少土から顔を出していても、肥えた土地のずんぐりと太いタケノコを選び、掘ってすぐにゆでることの方が、現実問題としては重要な気がします。
まあ、あまり日当たりの良くない場所の、できるだけ先端に黄色みの残っているものを掘るようにはしていますが。

そしてタケノコと時期を同じくして、近くの少し開けた場所にリンドウが咲くのです。
IMG_2456.jpg

リンドウと言えば秋のイメージですが、いくつか春に咲くリンドウもあります。
ちなみに、上の写真はフデリンドウかな?
草丈5cmほどの小さな草で、毎年咲くのを楽しみにしています^_^
フデリンドウは花期も短く多年草でもないようなので、うっかりするとすぐに絶えてしまいそうな、そんな儚さも魅力の一つなのかもしれませんね。
タグ: タケノコ
posted by airpotato at 19:59| Comment(0) | 庭の仲間たち

2016年04月25日

リンゴの花が咲き始めました

今年もリンゴの花が咲き始めました。
IMG_2454.jpg

写真は‘ぐんま名月’の花。
‘フジ’より赤みが強くて映えますね^_^

実は去年はたくさんの花が咲いたのですが、その後の管理が行き届かず、つる草にからまれて葉がほとんど落ちてしまうという散々な結果でした。
今年はもう、花が咲くことも期待していなかったのですが、少ないながらも花が着くのは嬉しいことです。
何より、葉がたくさん出ているのがありがたいですね(^_^;
今年大過なく過ごせれば、来年は少し期待できるかもしれません。

が、実はまだ剪定が全部終わっていないという…(T_T)

何とか時間を工面してやりくりしていきたいと思います。
タグ:リンゴ
posted by airpotato at 12:45| Comment(0) | 農業・生物

2016年04月24日

べたがけの効果

うちでは春のレタスを二つの畑に分けて作っていて、家の近くの畑ではトンネル栽培、少し離れた畑では被覆なしで栽培しています。
これは、早い時期には被覆なしではなかなか育たないためで、早い時期にはトンネルで、その後被覆なしという順番で植えていきます。
トンネルは暖かくなれば外してしまうのですが、それでもトンネルと被覆しないレタスの間では生育の差が大きく、収穫できない時期が生じてしまうこともあるのです。

そんなこともあって、今年は今まで被覆しなかった畑の最初の部分を、不織布で覆うべたがけ栽培してみることにしました。
要は、トンネル栽培の生育に追い付かない部分にべたがけすることで生育を促し、生育の差を縮めようということです。

そしてその結果、というか、トンネル栽培の写真を撮っていないので、べたがけの効果、というべきでしょうか(^_^;ゞ
IMG_2449.jpg

左から4列目の途中でレタスの大きさが変わっていますが、大きい方がべたがけしてあった方です。

近くで見たところ。
IMG_2451.jpg

右がべたがけしてあった方です。
結構違いますね。

途中、なぜだか葉が黄色っぽくなって生育が良くなかった時期もあったのですが、ここ数日で一気に育ったような気がします。
気が付けば葉色も良くなってるし。

これでトンネル栽培との差は縮んだのですが、べたがけしていない部分との差が予想以上にできてしまったという(^_^;ゞ
まあ、これくらいなら何とかなるかな?

今年は4月になってから風の強い日が何度かあり、べたがけの不織布が風で飛ばされたりして余分に手間がかかりましたが、はっきりと効果が表れたのでやった甲斐がありました^_^
タグ:レタス
posted by airpotato at 19:22| Comment(0) | 農業・生物

2016年04月23日

ズッキーニの生育と病虫害

4/9に定植したズッキーニが最近になってどんどん大きくなってきました。
まだ小さいですが、雌花も着いています。
IMG_2439.jpg

雄花の方が先に(下の節に)分化しますが、雌花の方が生育が早く、先に開花したりします。
あとどれくらいで開花するんだろう?

そして、葉には既にアブラムシが付いてます(T_T)
ズッキーニにはすぐにアブラムシが付くのですが、それだけでなく、すぐにウイルス病にかかります。
毎年ウイルス病にやられて大きな被害が出るので、今のうちから戦々恐々としているのです(´・_・`)

ズッキーニの葉には特徴的な白い模様が出るものの多いのですが、
IMG_2441.jpg

新葉に不明瞭な黄色のまだらがあると、ウイルス病?と勘ぐってしまいます(^_^;ゞ
IMG_2440.jpg

しかし、隣のカボチャの葉に出ている白いまだらは一体…?
IMG_2442.jpg

うどんこ病なのか?
それとも白い模様ってあるんだっけ?
見た感じうどんこ病なのですが、古い葉に出ず新しい葉に出ているのも気になるところ。
うどんこ病はズッキーニにも多発するので、これもまた心配の種の一つです(´・_・`)
posted by airpotato at 20:05| Comment(0) | 農業・生物