2015年01月16日

寒さとサトイモ

今日は少しだけサトイモを収穫しました。

今年に入ってからサトイモの受注が少なく、畑のサトイモがなかなか減りません(-_-;
寒い時には最低気温が−5℃を下回る当地の気象条件はサトイモにとっても非常に厳しいもので、防寒に手を尽くしてはいるのですが、どうしても傷みが出てしまいます。
IMG_0830.jpg

不思議なことに、傷みは芋の付根から入っていることが多く、頭の方(地表に近い方)から傷んでいるものは少数です。
しかも根は白いままで元気そうだし。
傷んでいるものは株全体が傷んでいたり、親芋も傷んでいることが多いことから考えると、親芋から傷みが進んでいるようにも思えます。

サトイモは長年作っているけど、何年やっても課題はあるものです。
タグ:サトイモ
posted by airpotato at 19:01| Comment(0) | 農業・生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: