2015年04月05日

発芽失敗

3/25にピーマンの種まき(2回目)をしました。

3/12の記事でも書いたのですが、前回はピーマンの発芽が揃わず、種皮を被ったままになってしまったものがあったので、今回は少しやり方を変えてみました。

結果はというと、前回よりひどいことに(T_T)

天気や温度が前回とは異なるので、何が悪かったのかはっきりしませんが、まあとにかくダメでした。
ホント思い通りにはいかないものですねー(^_^;ゞ

ダメなものは仕方ないので、しっかりくっついた種皮をピンセットなどを使って取り除くことに。
葉を傷めたり、途中で折れてしまうものもありますが、きれいに取れるものもあります。
DSC_2229.jpg

こうやって見ると、ピーマンの子葉が種の中でくるっと巻いているのがわかりますね。
巻貝みたいな…
なので、普通に引っ張っても簡単には種皮が外れないのもわかると思います。
それでも自然の中ではちゃんと種皮が外れて芽が出てくるので、不思議なものです。
苗箱の中ではなかなかうまくいかないけど。

まあ、またチャレンジする楽しみがあるということで(^_^;
タグ:ピーマン
posted by airpotato at 21:01| Comment(0) | 農業・生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: