2016年11月30日

季節外れの野良イチゴと犬走り

今年の春にイチゴの苗を買って、プランターに植えておきました。
5/28の記事でも紹介した、アリに襲われたアレですね。

その後、いくつか口には入れたのですが、甘そうで甘くない、そんなイチゴばかりだったので、すっかり熱が冷めて放置しておりました。
そのうちランナーが伸びてモジャモジャしていたのですが…

気が付いたら落ち葉にうずもれるようにして、イチゴが赤くなっているではありませんかΣ(゚Д゚)
IMG_2641.jpg

プランターから這い出たランナーが犬走りの外側の砂利の上に着地し、強かにも根を下ろして一人前の株に育っていたようです。
写真左側が犬走りのコンクリートですね。
それにしてもこんな時期に…とは思いますが、そういえば1株四季成りのイチゴがあったっけ。
イチゴは低温で花芽分化するのですが、四季成りのイチゴは低温要求性が低いのかな?
夏の間はさすがに花や実は見ませんでしたが、少し涼しくなってきた頃に花芽分化したのかもしれません。

まあ、着色もそんなに良くないし、土の養分も期待できない砂利の上では…
と思いつつ、アリに喰われるのもシャクなので採って食べてみたのですが、何とこれがまさかのおいしさ。
初夏に食べたものより断然おいしいじゃありませんかΣ(゚Д゚)

おいしいけれど、なぜおいしいのかがわからない(´・_・`)
犬走りのせいなのか、砂利のせいなのか、地植えだからなのか、時期のせいなのか…?
そういえば去年の3/7の記事で、犬走りの近くに生えたツクシを見ながら石垣イチゴを妄想したりしていましたが、まさか現実になるとは。

このまま犬走りの近くでイチゴが繁殖してくれれば、労せずして毎年おいしいイチゴが食べられたりするかも?(*´Д`)
などと妄想してみたものの、おいしいイチゴができたとしてもアリとの熾烈な奪い合いは必至なので、あまり期待はしないでおいた方が良さそうですね。
タグ:イチゴ
posted by airpotato at 14:40| Comment(0) | 農業・生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: