2017年02月02日

蒸し野菜

この時期は必要な資材を発注したり、今年の作業計画を立てたりと、家に帰ってもやらなきゃいけない仕事があってなかなかブログが更新できません(言い訳)。
でも、今日は久しぶりに早く帰ってきたので、蒸し野菜を作ってみました。
蒸し野菜、と言っても、今回は自然薯とカボチャだけですが…(^_^;ゞ
P2020757.jpg

ちなみにそれぞれ訳アリの品。

自然薯は、売るにはちょっと細いかな…(´・_・`)
という芋を放っておいたら乾燥してフニャフニャになったもの。
自然薯は乾燥に弱くて、裸にしておくとすぐに干からびてきます。
上の自然薯も、ポリフィルムを被せておいたのですが、時間がたてばやはりフニャフニャ。
自然薯は乾燥すると、甘味が増したり粘りが弱くなったりするのでとろろにするときは注意が必要です。
でも、蒸して食べるなら簡単。
ガス火で根を焼いて、良く洗って、適当に折って蒸すだけ。
ほのかな甘味としっかりとした味わいがホクホクの食感と相まって、これがなかなか旨いのです。
自然薯の品種によっては蒸すとおいしくないものもありますが、うちではおいしい品種を残したので。

カボチャは、奥の方は皮の白い品種。
デンプンの糖化が遅く、日持ちがするとのことですが、貯蔵温度が低すぎたのか(寒い日は0℃近くなる)、もともと出来が悪かったのか、ホクホク感はありませんでした。(去年の冬至頃カットして冷蔵庫に入れておいたものも先月食べましたが、そちらはまだホクホクしていたので、品種の特性ということではなさそうです。)
でも、それなりに甘味はあり、この時期のカボチャとしてはまあまあかもしれません。

手前のカボチャは去年試食して、あまりおいしくなかったので冷蔵庫で寝かせておいたもの。
甘くないカボチャでも冷蔵庫に入れておくと、甘味が出たりしますよね。
今回のカボチャも甘味はそれなりにありましたが、やはり少し水っぽく、まあそれなりでした。

結果として、自然薯が一番おいしかった(*´Д`)
まあ、この時期のカボチャと比べても仕方ないのですが…

posted by airpotato at 21:29| Comment(0) | ごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: