2017年02月02日

蒸し野菜

この時期は必要な資材を発注したり、今年の作業計画を立てたりと、家に帰ってもやらなきゃいけない仕事があってなかなかブログが更新できません(言い訳)。
でも、今日は久しぶりに早く帰ってきたので、蒸し野菜を作ってみました。
蒸し野菜、と言っても、今回は自然薯とカボチャだけですが…(^_^;ゞ
P2020757.jpg

ちなみにそれぞれ訳アリの品。

自然薯は、売るにはちょっと細いかな…(´・_・`)
という芋を放っておいたら乾燥してフニャフニャになったもの。
自然薯は乾燥に弱くて、裸にしておくとすぐに干からびてきます。
上の自然薯も、ポリフィルムを被せておいたのですが、時間がたてばやはりフニャフニャ。
自然薯は乾燥すると、甘味が増したり粘りが弱くなったりするのでとろろにするときは注意が必要です。
でも、蒸して食べるなら簡単。
ガス火で根を焼いて、良く洗って、適当に折って蒸すだけ。
ほのかな甘味としっかりとした味わいがホクホクの食感と相まって、これがなかなか旨いのです。
自然薯の品種によっては蒸すとおいしくないものもありますが、うちではおいしい品種を残したので。

カボチャは、奥の方は皮の白い品種。
デンプンの糖化が遅く、日持ちがするとのことですが、貯蔵温度が低すぎたのか(寒い日は0℃近くなる)、もともと出来が悪かったのか、ホクホク感はありませんでした。(去年の冬至頃カットして冷蔵庫に入れておいたものも先月食べましたが、そちらはまだホクホクしていたので、品種の特性ということではなさそうです。)
でも、それなりに甘味はあり、この時期のカボチャとしてはまあまあかもしれません。

手前のカボチャは去年試食して、あまりおいしくなかったので冷蔵庫で寝かせておいたもの。
甘くないカボチャでも冷蔵庫に入れておくと、甘味が出たりしますよね。
今回のカボチャも甘味はそれなりにありましたが、やはり少し水っぽく、まあそれなりでした。

結果として、自然薯が一番おいしかった(*´Д`)
まあ、この時期のカボチャと比べても仕方ないのですが…

posted by airpotato at 21:29| Comment(0) | ごはん

2016年12月15日

きんぴらごぼう

根菜がおいしい時期になりましたね。
うちでもゴボウをいただいたので、うちで作ったニンジンといっしょにきんぴらにしてみました。
ゴボウは新鮮な方がおいしい野菜なので、まとめてきんぴらにしておけば日持ちもするし、ちょっと一品、というときに便利です(^o^)

さて、一言できんぴらと言っても、いろいろ作り方はありますよね。
具材を大きめに切ってじっくり味をしみ込ませるのも好きなのですが、今回はできるだけ素材の味を生かすことを念頭に、細めの拍子切りにしてさっと仕上げることにしました。
細く切ると、火が通りやすいだけでなく、短時間で仕上げてシャキシャキとした食感を楽しむこともできます。
ちなみに今回の具は、ゴボウとニンジンのみ。
鶏肉やさつま揚げを入れてもコクが出ておいしいんですけども。
そこはあえて野菜だけにしました。

ゴボウの風味を生かすため皮はむかず、タワシで洗って土を落とすだけなのですが、切った後に酢水に浸けるかどうかで悩みました。
きれいに仕上げるためには酢水に浸けて変色を抑えるのですが、その代わり水溶性の栄養分などは水に溶けてしまいそうだし。
ゴボウの風味や旨味の成分は水溶性なのか、脂溶性なのか…?
結局、薄い酢水にさっと放してすぐにザルにあげることに。
ゴボウは空隙の多い素材なので、そのままだと火が通りにくかったり、油を過度に吸収しそうだったので。
先に水を含ませることで、火を通りやすくしたり、油の吸収を抑えたりできるかと(たぶん)。

で、ごま油でゴボウを炒めて、砂糖→酒→醤油→みりんと足して調味していきます。
ここで悩むのがニンジンを入れるタイミング。
ニンジンとゴボウでは火の通るまでの時間が違うので、タイミングを誤るとゴボウが柔らかくなる前にニンジンが柔らかくなりすぎたりするんですよね。
今回使ったにんじんは新鮮でみずみずしく、軟らかくて甘味もあるものだったので、加えたのは砂糖を入れたあと。
この辺りはゴボウの食感を確認しながら決めていくことになります。

最後にみりんを足した後、火を強くして余分な水分を飛ばし、さらにごま油を足すと、ごま油の香りも良いし照りが出ておいしそうに見えます。
火を止めて冷ますときに、煮汁が下に溜まってくるので、時々全体を混ぜて味をなじませるのもポイント。
冷めるときに味がしみるので、全体に煮汁を絡めることで味を引き締めコクを出します。
なので、それを見越して火を止める時点の味は薄めにしておくと良いです。

お皿に盛ってゴマを散らしたところ。
PC140692.jpg

自己流ですが、それなりにおいしくできました(^o^)
食感も、シャキシャキとしてイメージ通り。
でも少し甘かったかな…?
七味をかけるともう少し味が引き締まるかもしれません。

できるだけ素材の味を生かせるようにとは思って作りましたが、どうでしょうかね…(^_^;ゞ
機会があったらまた作ってみよう。
posted by airpotato at 20:38| Comment(0) | ごはん

2016年11月18日

カブの鶏そぼろ煮

カブのおいしい季節になりましたね^_^
我が家では浅漬け(というか、即席漬け)にして食べることが多いのですが、思い付きで鶏そぼろ煮にしてみました。
PB170638.jpg

味付けはシンプルに塩と隠し味の醤油のみ。
季節もののユズの皮をあしらってみました。
カブは葉も食べられるので、葉柄(葉の細い軸の部分)も彩りに入れてあります。

作り方は適当簡単で、
@ショウガと油を熱し、鶏ひき肉を炒める。
Aそぼろ状になったら、くし切りのカブと水を入れ、落し蓋をして煮る(途中、塩と醤油で味を調える。)。
B一度冷ましてカブに味をしみ込ませる。
Cカブの葉と水溶き片栗粉を入れて煮立てる。
Dとろみがつき、カブの葉が柔らかくなったら器に盛ってユズの皮を散らす。

塩を入れた段階の味次第ではだしの素を足そうと思っていたのですが、鶏のだしとカブの味が出ていておいしかったので、醤油を少しだけ入れて旨味を出すにとどめました。

反省点:
カブの葉が意外と硬かったので、予め火を通すか、若い柔らかい部分だけ使うかした方が良さそうです(ただし、時間が経つと葉(特に葉身)の色が悪くなったりするので注意が必要。)。
また、軟らかく煮たカブを混ぜるときに煮崩れしやすいので、途中でカブを引き揚げてから水溶き片栗粉でとろみをつけ、あんかけ風にした方が良いのかもしれません。

いつも最低限の調味料で行き当たりばったりかつ適当に作りますが、そこそこおいしくできるのは、素材の味に助けられている部分が大きいのだと思います(^_^;ゞ
凝った味付けはできませんが、その分素材の味を生かした料理ができればいいな、と思います。
タグ:カブ
posted by airpotato at 20:10| Comment(0) | ごはん

2016年10月21日

ニンジンの葉を使ったガーリックライスとカボチャのポタージュ

この時期はニンジンを間引いたり、早い場合は収穫する人もでてきて、当地の直売所では葉付きのニンジンも見られるようになりました。
うちでも少ないながら自家消費用のニンジンを作っていて、その間引きが結構採れます。
でも、ニンジンの葉っぱなんて、どうやって食べたらいいかわわらん(´・_・`)
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ニンジンの葉は結構クセが強く、しかも外側の葉っぱは結構硬いので、おひたしやみそ汁の具には向かないような…。
一度にたくさん食べるものでもないので、我が家では生のまま細かく刻み、袋に薄く広げて冷凍しておきます。
こうすると、後で必要な分だけ割って使えるんですね。

こちらは昨日細君が作ってくれた、ニンジンの葉を使ったガーリックライスとカボチャのポタージュ。
PA200580.jpg

ニンジンの葉は油で炒めるとクセが抑えられ、ニンニクの風味と相まってこれがなかなか旨いのです(^_^)
刻まないでてんぷらにしてもコクがあって旨いので、油との相性がいいのかもしれません。
カロチノイドも吸収されやすくなりますしね。

また、ポタージュやコンソメスープの彩りにも重宝します。
パセリの代わりみたいな。
ただし、出来上がりに散らすとクセが気になると思うので、投入してから煮て火を通しています。

スーパーではあまり出回らないので身近ではないかもしれませんが、うまく使うと食卓にちょっとした彩りを添えてくれるので面白い食材だと思います。
posted by airpotato at 18:49| Comment(0) | ごはん

2016年07月24日

キュウリの煮物

この時期にたくさん採れるキュウリ。
キュウリと言えば生で食べることが多いと思いますが、加熱調理もなかなか良いのです。
先日、ズッキーニとキュウリの炒め物を紹介しましたが、今日はキュウリの煮物。
煮物と言ってもコッテリしたやつではなくて、サッパリ味に仕上げます。

作り方は簡単で、ぶつ切りにしたキュウリを出汁と醤油と塩で煮るだけ。
味の濃さはお好みですが、うちでは薄味にしています。

できあがり。
P7230275.jpg

熱いうちにいただいても良いのですが、暑い季節なので冷やして食べるとまた旨いのです。
ショウガと一緒にいただくとまた一味違うんですよね(´¬`*)
P7230281.jpg

キュウリは体を冷やすとも言われるので、暑い夏にはピッタリの食べ物です。
考えてみれば(この食べ方に限って言えば)トウガンと似たようなイメージですかね。
でも、キュウリの方が手に入りやすいし、手軽なのが良いところです。
うちでは大きくなりすぎた太めのキュウリを使って大量に作り、冷蔵庫で冷やしてちょいちょいつまんでいます(*^o^*)
タグ:キュウリ
posted by airpotato at 17:05| Comment(0) | ごはん